『前例がない』ことに価値がある

やって後悔ならOKということで。

近宮玲子の生きざま

3月の権利落ち後、落ち込んでいるnextstageaです。(;´・ω・)

 

突然ですが

近宮玲子をご存じでしょうか?

 


 

金田一少年の事件簿のキャラの一人(有名なマジシャン)です。

漫画では20巻位の魔術列車で登場しました。

 

作中で近宮玲子が発した言葉で、心に残っているものがあります。

 

回想シーンで、

マジックのトリックを見破った子供に対して

 

「マジシャンは観客にトリックを見破られたら、

 自ら幕を下ろすものなのよ」

 

と。。(こんな感じだったと思います)


 

 

これ、とても好きな言葉です。

色々解釈する方法はあると思いますが、私は以下のように解釈しています。

 

周囲に第一線は厳しい、古い・時代遅れなやり方と思われながらも

当の本人はまだまだできると思っていたり、地位にしがみついたり、

周囲との感覚のズレってあると思います。

つらいとは思いますが、

それを認めて、後身に道を譲ることって重要だと思います。

 

人生における

ターニングポイントでの引き際の見極め方・認め方の難しさですね。

いかに、最後を綺麗に終わるかという点は、自分も意識していきたいです。


 

 

テレビを見ても、なかなか実行できていないですよね

納豆のように、粘る、粘る(´・ω・`)

ちょっと見てて、心苦しいです。


 

 

名刺の肩書きに

「元🔴🔴」といった過去のものを入れる感覚に近いですかね?(´・ω・`)